男の人

最先端の一戸建て

ウーマン

最近、日本の一戸建ての注文住宅市場で最も注目されているのが、太陽光発電と蓄電池、それにHEMSを組み合わせた形の自動制御住宅です。家庭で消費・創出するエネルギーが常時監視できる「見える化」が実現しており、快適さを保ちながら節電することができます。

Read More

個人商店の集客で必要な事

お店

顧客を増やすことは個人商店にとって、とても重要です。そのためには定期的に店舗デザインを変えることです。お客は外観の印象でお店を選ぶ傾向があり、店舗デザインの変更は重要です。その際に必要なのはお店のコンセプトを決めておくことです。そして複数のデザイン事務所でコンペを行い、その中から選ぶようにします。

Read More

自社ビルの節約を考える

風力発電機

会社の節約に取り組みたい場合、電力を見直すのも1つの手です。太陽光のような自然エネルギーを活用することで、電力代を節約できます。ただし太陽光パネルを設置すると初期費用がかかるので、経営状況と相談した対策が必要です。

Read More

問題点を是正する

ビル

毎月の出費を抑えられる

所有したビルを拠点として利用すれば、会社は賃料を支払わずに済みます。しかし、毎月の出費が不要になる訳ではありません。光熱費の支払いが行われなければ、ビルの設備は稼働しないからです。ビルの設備が使えない状態だと、利用者は不便を実感することになります。だから、省エネをサポートするシステムの人気が高いのです。ビルの省エネが実現すれば、光熱費を低く抑えることができます。ビル用のエネルギー管理システムは、各設備のエネルギーの消費量を算出します。エネルギーの消費量が大きい場合には、何らかの見直しをすべきです。そして、省エネが成功した場合には、次の改善策を模索することになります。その繰り返しが省エネ効果を高めていくのです。

別のことにお金を使える

省エネに成功したビルの持ち主である企業は、別のことにお金を使えるようになります。浮いた費用で何かを行うことで、別の問題点を解消できるのです。企業によって浮いたお金の使い方は異なりますが、特に多い事例が存在します。それは新たな設備を導入して、更に便利なビルを目指すことです。新しくて便利な機能を備えたビルは、次々に建造されています。それらと比較された場合、旧型の建造物では見劣りするのは当然です。しかし、便利な設備を導入することで、新しいビルとの差は縮まります。それが行えるだけでも省エネによる効果が大きいのは確かです。ビルを所有する企業が他の会社に貸し出す場合、魅力的に見えることが重要になります。その成功は省エネをサポートするシステムの存在が左右するのです。